企画展

水子供養、厄除けの法福寺トップ

058-384-3510
岐阜県各務原市各務車洞6799-3

各種ご予約・お問合せ

風庵ブログ

 > 常設

11887854_1464602703844708_2645619147810151037_n

11863428_1464602740511371_8818544397770878201_n

 

今回の常設展示会は、骨董では毎回ご協力いただいている服部氏のコレクション。その中でも、主に江戸中期から明治期にかけての染付磁器の展示となっています。今回の注目は、瑠璃釉の大皿や古染付の二品、竹花文様の大皿、青木窯の花文様大皿、濁手のなます皿等新たな展示品もございます。

涼しげな染付と藍染の布ものとの青のコラボレーションをご覧ください。

11037008_1466562140315431_5249351502000339378_n (1)

 

藍染作家 小藪直子さんの作品

郡上染め、布物の「手づくり紀江」オーナー 小酒井紀江さんの作品

タペストリー、のれん、国産シルクストール、ブラウス、Tシャツ、日傘、手ぬぐい、ランチョンマット、ハンカチ等 生活を彩る品々を展示販売いたします。

9月16日(水)まで 木曜は定休日

 

蝉時雨と残りわずかな夏の日を風庵で愉しみましょう。

 11873382_1466562170315428_825373320626619434_n

 

11855619_1466562153648763_666774790428176002_n

 

11846622_1464602987178013_4303346003083896345_n

 

  • image

  • カフェのテーブル席壁面を飾るのは、川島かつ子さんのスケッチ画です。昨年の個展から早1年経ち、先日アトリエまでお邪魔してお借りして参りました。あるお客様から、
  • 「川島さんの絵には、夢がつまっている」
  • と聴きました。お会いして、やはり心を打つ絵を描かれる源を感じずにはいられませんでした。温かいお心遣いに感謝いたします。
  • 【ボイの谷 サンタマリア教会】
  • 【セーヌ川 ミラボー橋を望む】

皆様もどうぞご覧ください。

 

 

2015年7月4日11:35 PM 常設

オールド香蘭社のコーナー11695750_380627772146876_8001777594499386112_n

 江戸中期の葡萄文染付など…11219713_380628305480156_3734302574673903421_n (1)

11403059_380628128813507_3299123866050720774_n


柿右衛門とは

柿右衛門の作品には上手物(ジョウテモノ)といわれる鍋島藩献上品とそれ以外の下手物(ゲテモノ)が有ります。

上手物(ジョウテモノ)は初代~4代までは金彩を施された、赤絵金襴手(初代が開発)や金彩錦、金彩色染付が有名で、どれもとても緻密で、絵付けの上下等の方向性は原則有りません。しかし、5代は絵付けが下手だったせいで、鍋島藩は買い入れを停止しました。よって、6代途中までは、下手物しか存在しません。6代から7代の享保の改革の贅沢禁止令が出るまでは豪華な金彩が使われていましたが、それ以後、藩の御庭焼きの鍋島焼と同様原則金彩は使われなくなり、上手物の殆どが鍋島藩からの依頼の柿鍋と言われる鍋島焼のコピーを作ることになります。

下手物(ゲテモノ)は初代が始めた濁し手が有名です。白い釉薬を施すことで品質の悪い磁器を白く見せた濁し手は下品だったため、鍋島藩は献上品に対して使用は認めませんでした。しかも下手物のため豪華な金彩は原則ありません。これが現在の柿右衛門風の濁し手の始まりです。ただし濁し手はあくまで下手物でしたので、原則、柿右衛門窯も窯印「角渦福」は付けませんでした。その後需要が無くなり下手物の殆どが染付か陽刻染付になります。しかし海外輸出用の中の中央に空間を施した盆栽図柄はマイセンや当時の中国磁器にも影響を与えました。そのため、一度は途絶えた濁し手技法が近代見直され、13代14代によって再現されました。

但し、柿右衛門窯の柿右衛門は12代までで、それまで柿右衛門はデザイナー集団で一人を限定出来ませんでした。13代14代および現在の15代は、それぞれ一人の作家であり、また柿右衛門窯とも関係が有りません。よってその意味では、12代までが柿右衛門と言えるのかもしれません。

こんな変遷が分かる柿右衛門の展示が今日から風庵で始まりました。

写真は、酒井田柿右衛門のコーナー
1段目右の蓋物は13代柿右衛門の濁し手再現品の下手物
その他1段2段目は初代~4代柿右衛門の上手物
最下段左は贅沢禁止令前の7代柿右衛門の下手物琉璃釉金彩染付
最下段右は贅沢禁止令後の7代柿右衛門の下手物彩染付


 

以上は、企画主催の服部知彦氏FBより転載させていただきました。

https://www.facebook.com/tomohiko.hattori.77/posts/380631198813200?pnref=story

 

2015年5月15日10:39 PM 常設

image

 

古伊万里の中でも、薄く透明感のある白磁に上質の呉須が使われた青木窯の茶碗です。微塵唐草の文様に、蓋を取れば見込みには藍の景色が広がっています。見ているだけでもこころに「ゆとり」が出てくるのは、私だけではないでしょう。私のお気に入りの逸品です。

常設での、ガラス&染付等磁器展示は5月20日(水)までとなります。前回の記事にあります手描き微塵唐草大皿に加え、色染付、色鍋島、安南焼犬山焼…等と見応えございます。是非、足をお運びくださいませ。

 

ページトップ