法福寺の行事予定

水子供養、厄除けの法福寺トップ

058-384-3510
岐阜県各務原市各務車洞6799-3

各種ご予約・お問合せ

お知らせ

 > お知らせ

平成30年2月4日(日)

午前10時~午後3時まで

節分星祭りは、年の遷りめに開運厄除け、無事息災を祈願する年に一度の行事です。

当山では、伝統に則り護摩法を修して祈願し一人一人に星祭りのお札を授与いたします。

ご祈祷  約四十分毎にご祈祷と豆まきを行います

*  当日参拝できない方は、ご祈祷済みのお札を後日郵送させて頂くこともできます。

「法福寺節分マンダラ市」

境内では手打ちそばやみたらし団子などの飲食ブースが出店する予定です。

「厄除け餅つき会」

境内にて餅つきを随時行います。ご祈祷申し込みの方にはつきたてのちぎり餅をその場でお召し上がり頂けます。

「各務原ひびき会英傑太鼓保存会による奉納演奏」

約四十分ごとのご祈祷、豆まきの後に奉納演奏を行います。

*ご祈祷申込の方は、全員本堂に昇堂し豆まきが出来ます

男…二十五,四十二(大厄),六十一  女…十九,三十三(大厄),六十一

*厄年の前後が前厄、後厄です

                      本年の厄年

男 

前厄…平成7、昭和5334年生まれ

女 

前厄…平成13、昭和6234年生まれ

  

本厄…平成6、昭和5233年生まれ

  

本厄…平成12、昭和6133年生まれ

  

後厄…平成5、昭和5132年生まれ

  

後厄…平成11、昭和6032年生まれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1464DSC_1291DSC_1391

 

法福寺紅葉茶会

~信長公のおもてなし 五味を五感で体験!「香・茶・能・和膳・講演会」~

 

日 時  平成29年 12月 9日(土)10時~16時

場 所  法福寺 各務原市各務車洞6799-3

 募集人員  80名(11/25申込期限・定員になり次第締切)

 会  費    5千円

 

内 容  信長公のおもてなし「香道(志野流奥村社中)茶道(有楽流洗覚庵)(幸若舞等)和膳料理(杉山・野村指導)講演(熊倉功夫 前静岡文化芸大学長)

 の五味を五感で体験していただく法福寺秋の茶会。


(香と信長) 足利義政・義満と信長と家康など時の最高権力者は正倉院の蘭奢待を截りこよなく愛した。香道志野流奥村社中によるおもてなし。(先着希望60名まで)

(茶と信長) 信長は、茶でフロイスら要人をもてなし、人事や政策にも利用した。有楽流洗覚庵社中によるおもてなし。

 (能と信長) 信長が好んだ幸若舞「敦盛」。本能寺で最期に舞ったとして有名な「人間50年・は幸若舞「敦盛」の一節。岐阜の能楽会 玉紹会と剣舞幸若舞によるおもてなし。

 (薬草と信長) 信長は伊吹山の三千種の薬草園を作ったと言われる。杉山顧問・野村会長両師による愛燦会プロデュースの和膳料理を創作しておもてなし。

 (信長のおもてなし講演) ユネスコ世界文化遺産「和食」の会長で、日本伝統文化研究の第一人者 熊倉功夫先生(MIHOミュージアム館長)による、信長のおもてなし[香・茶・能・料理]についての講演会。

 


 

申込み・問合せ 法福寺 各務原市各務車洞6799-3 電話058-384-3510

11月3日(金・文化の日) 午前11時~ (申し込み順でグループに分かれます)

締切 10月27日(金)まで

ご祈祷料 5,000円

申込方法 法福寺寺務所に申込書があります。ご祈祷料を添えてお申し込みください。

法福寺では毎年11月3日の毘沙門天のご縁日にちなみ稚児行列を行います。

子供の健やかな成長を願い毘沙門天に祈願致します。本堂内ではお子様一人一人のお名前を読み上げお加持いたします。

 event_pic09

9月23日(土・祝)は秋のお彼岸法要ならびにコンサートを行います。

10時30分より本堂にてお彼岸法要

11時30分頃より「風の塚」法要

その後、永代供養墓「風の塚」にて川口舞・ギター弾き語りコンサートを行います。

皆様のご参拝をお待ちしております。

風の塚法要

 

 

日時 平成29年7月14日(金)19時~16日(日)10時

         *これからの開催予定日 9/15~17

「断食」はご存知でしょうか?食事を断つことなので、修行、荒行をイメージされる方もいるかと思います。確かに、食事をしないなんて苦しいことと感じるかも知れませんが、実は西洋医学の現場においても「ファスティング」と言って、身体の不調を整える治療法として確立しています。ただ、日本ではまだ冒頭のような精神修養的な扱いで行っている場面も多く、目的や効能が一定していないのが実情です。

 当山が断食を提案するのは修行が目的なのではなく、身体を休めるヒーリングの一環として適しているからです。当寺の自然豊かで都会の喧噪と距離を置ける環境は、断食の場として最適ではないかと考える次第です。またファスティングの知識を持った医師の講義をカリキュラムに組み込んでいるのも特徴です。ストレス社会で活躍されている皆様においては、思っている以上に体と心が疲れているものです。この機会に是非、断食を経験して頂き心身共にリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。詳しくは案内チラシをご覧下さい。

断食道場案内チラシ(2017←案内チラシはこちら!

DSC_1361

第1回、座禅の様子です

DSC_1349

写経もあります

DSC_1353

ページトップ