企画展

水子供養、厄除けの法福寺トップ

058-384-3510
岐阜県各務原市各務車洞6799-3

各種ご予約・お問合せ

風庵ブログ

 > 風庵ブログ

image

夢の中の風景

 

何時か夢の中で見たような

そこには荒れた野が広がっている。

うっ蒼と繁る森が、

澄んだ空気を拒んでいる。

風は北から吹き、

河畔に落ちこんだあたりで

再び勢いを増す。

冬が初まったばかりの

こんな風景が、

僕は好きだ。

 

                           詩  小島正樹

image

12191034_1492470487724596_5968852414650981565_n

12239477_1492470504391261_8309295862865559882_n

雨上がり
やわらかく、包まれて。

小島正樹作品展は18日まで。
小島さんも毎日在廊されております。是非お立ち寄り下さい。
ギャラリーカフェ風庵

法福寺第6回手づくり市

11月8日(日)10:00-16:00 雨天決行

 

「飲食ブース」

HUGEL/焼き菓子

sweey-jam/季節のジャム

則武企画/唐揚げ

クッキータイム/焼き菓子・パン

手作りおやつ またあしたね/焼き菓子

子ども店長の店/手づくり弁当

ホドナラフ/ランチボール・ヘルシービッグマフィン

 

「雑貨ブース」

悦/小物、鞄。大人服

couleur douce&Viele-emte/多肉植物・イヤリング・ピアス

ひなたぼっこ/布小物

SY工房/七宝焼、銀粘土アクセサリー

月のうさぎ/音叉ヒーリング、ロザフィー

Long Roof/タコ糸バック、和モダン小物

myu*chike2/手づくり雑貨

chienoirチエノワール/手づくりバック・小物

サンキャッチャー

レトロガラス、パッチワーク

ざ・手相/手相鑑定・タロット

タロットyuki/タロットリーディング

出店内容が当初より一部変更となっております。ご了承お願い致します。


 

注意事項

*駐車場はございますが開催開始時は、かなり混雑することと思います。お車には十分お気を付け、できるだけ乗り合わせてお越しください。(公共交通機関ふれあいバスは廃止されました)
*境内では、禁煙となっておりますが、指定の場所のみ(自販機のある場所)喫煙可能です。
*ごみは各自お持ち帰りくださるようお願いいたします。

*お天気が心配です。法福寺は山の中にございます。気温が下界より3度程低いようです。出展者様、お客様どうぞ温かくしてお出かけください


 ギャラリー風庵内は

「小島正樹作品展ー錦秋よろず市を兼ねてー

併設 アンティーク・レトロ(犬山焼、アメリカアンティークガラス)開催しております。

(本日、中日新聞、岐阜新聞に掲載されました!)

こちらも、ごゆっくりとご覧ください。

 

皆さまにお会い出来るのを愉しみにしています!

お気を付けてお越しくださいませ☆

少しでも、雨が小降りでありますように…(T_T)/~~~涙


お問い合わせ ギャラリー風庵 ℡058-370-9507

kojimamasaki

 12187678_1491599474478364_5715814713491264712_n 12066056_1491599511145027_2826966716595770222_n

12189699_1491599527811692_8136344666897574205_n 12196279_1491599961144982_8167378655706816395_n

12193380_1491599947811650_7934324752663534435_n

小島正樹作品展 -錦秋よろず市を兼ねて-

併設 アンティーク・レトロ(ガラス・犬山焼)

2015.11.6-11.18まで 木曜は休み

土・日曜日は作者在廊されます。

 

長年にわたり描きためられた油彩画、水彩画、パステル画と花のスケッチなど多数、文学では昭和40年代からの文芸誌創刊、野草舎の立ち上げ、小説出版と多才な小島氏の集大成となる展示をしております。人生を模索し続け、常にチャレンジし続ける小島氏の生きる姿勢に感銘を受けます。

併設展示では、江戸後期から明治期の犬山焼やアメリカアンティークレトロガラス(フェントン、アンカーホッキング等)前回の和ガラスとは一味違うポップな雰囲気のガラスを展示、販売しております。

 

秋のこのひと時を。

ギャラリーカフェ風庵でお過ごしくださいませ。

 

img018

 

前田正剛 作陶展

会期:27年10月30日(金)ー11月4日(水)

時間:10時ー5時


ごあいさつ

つつましくも力強く、そして優しくも厳しい身近な自然から受けた感動を作品に表現しようと心がけて制作いたしております。

何卒ご高覧の上、ご高導賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                   前田正剛direct mailより

                              http://www.ne.jp/asahi/studio/muddy/

 


 

 

 

ページトップ